いい男が集まる婚活パーティーの見極め方とは

婚活中の女性必見!

いい男が集まる婚活パーティーの見極め方を紹介していきます。

婚活パーティーはついつい自分の条件に合わせてパーティーを選びがち。

しかし、どんな男性が参加しているパーティーなのか事前に調査しておいたほうが、良い男性に巡り会えるチャンスも出てきます。

婚活パーティーの参加費用は男性料金をチェックすべき!

婚活パーティーの参加費用は女性目線で考えると、「できれば女性の参加費用が安い婚活パーティーのほうがいいかな」

と考える人も多いはずです。

婚活パーティーによって料金は異なりますからね。

一つ例を挙げてみましょう。

下記は婚活パーティーを開催している運営会社が設定している基本的な参加費です。(パーティーや開催日時によって料金は異なります)

youbride party

女性参加費:1,500円

オトコン

女性参加費:2,000円

これだけ見ると、オトコンのほうが女性の参加費が高いのでそれだけ充実したパーティーになりそうな気がしますね。

ただ、女性だけでなく男性の参加費にも目を向けるべきです。調査した平日の婚活パーティーでは、下記のようになっていました。

youbride party

男性参加費:6,500円

オトコン

男性参加費:3,000円

このように男性の参加費が安い婚活パーティーがあります。

「安い参加費=ろくでもない男性しか来ない」、というわけではありませんが、可能性としてはやはり参加費が高い婚活パーティーのほうが、スペックの優れた男性が来る可能性が高いです。

出来るだけ良い男性にめぐり合うには、「男性の参加費が高い婚活パーティー」を意識して選んでみましょう。

開催日の埋まり状況をチェックせよ!

婚活パーティーが開催される日に、「チケットが余っているかどうか」確認してみましょう。あまり人気のない婚活パーティーはチケットが余っていて、値引きされていることもよくあります。

例えば、男性参加費用が6,500円→5,000円になっていたりなどです。こういった婚活パーティーは、はっきり言って人気がありません。

婚活パーティーはSNSなどの口コミを通じて、人気があるかどうか知れ渡っています。人気の無い婚活パーティーは常に人員不足です。

いきなりパーティーに応募するのではなく、まずその運営会社が開催している婚活パーティーがすぐに定員に達しているのかどうか、チェックしてみましょう。

平日にも関わらず、すぐに定員に達してしまう婚活パーティーは人気がある証拠です。人気の婚活パーティーには、良い男性が集まる傾向があるのでチェックしておきましょう。有名なところではyoubride party、パーティーパーティー、えくるなどがあります。

平日の人気エリアを選択!

平日に開催される婚活パーティーは、エリアを意識することが大切です。どうしても平日は近辺に住んでいる人、あるいは勤めている人しか参加しにくくなります。

たとえば東京の場合、池袋や新宿で開催される婚活パーティーより、恵比寿や品川で行われる婚活パーティーのほうが大手企業に勤める社員や公務員などの割合が大きいです。

地域で言うと千代田区、中央区、港区、品川区、目黒区などです。地価単価が高い地域の婚活パーティーのほうが、スペックの高い男性が来る確率が高まります。

地域別で婚活パーティーの参加費は変わりませんから、それだったらより理想に近い男性が参加していそうな婚活パーティーに行ったほうが良いですね。

東京以外でもこういった地価単価を基準にして、婚活パーティーを選ぶのも一つの手段です。

ただし土日になると、地方からの参加者も多いのであまり地域別参加者属性に偏りはなくなってきますので注意しましょう。

年収下限がある婚活パーティーに参加する

女性参加者の年収を指定することはほとんどありませんが、男性参加者の場合、年収を指定している婚活パーティーもあります。

年収500万円以上、600万円以上などというくくりが設けられ、それ以下の男性は参加できません。最初から制限を作ることで、希望に合った男性と出会える可能性も高くなります。

まともに定職に就かず将来性がない男や、遊んでいそうな男に出会う可能性は限りなく低くなるでしょう。

どのぐらいの年収を参加条件として、目安にすれば良いかというと、

  • 30代後半男性の参加者が多い場合、500万円以上
  • 40代前半男性の参加者が多い場合、550万円以上
  • 40代後半男性の参加者が多い場合、600万円以上

このあたりを意識して年収下限をチェックしてみましょう。こういった事は書類審査のようなもので、出来るだけニーズに合った男性に会うには大切なこと。

これだけで「お金を意識している女」などと思われてることは無いので、無条件で参加できるものよりも年収指定がある婚活パーティーに参加しましょう。公務員や上場企業などの職業に就いている男性に出会えるチャンスも出てきますよ。

人は見た目が90%!キレイに磨きをかけて目指せモテ女子!

人は中身が大切であることはいうまでもありませんが、ルックスが人に与えるインパクトは無視することができません。女性でも「イケメンだったらちょっと性格に難ありでも、許せちゃう」という人はいるのではないのでしょうか。男性も一緒で、好みのルックスの女性にはとことん甘くなる男性は少なくはありません。美容整形でもしないかぎり顔立ちを変えることはできませんが、ヘアスタイルやファッションで驚くほどイメチェンすることができるのですよ。今回はチェックしておきたい魅力的なスタイルを紹介します。

やっぱりロングヘアが強い?髪型でモテ女子に

顔立ちに自信がなくても、髪型をちょっと変えることで驚くほど印象を変えることができますよ。今のヘアスタイルにマンネリを感じている人はヘアサロンに行ってみてはいかがでしょうか。男性から永久不動の人気を誇る清潔感たっぷりのさらさらストレートも素敵ですが、ゆるふわ巻きは小顔効果があって誰にでもよく似合います。急に髪の毛を伸ばすことはできないので、今ショートやボブスタイルの人はカラーリングをワントーン明るくしてみてはいかがでしょうか。髪色が明るいと表情まで明るく見えて男性からの好感度が上がります。ただし金髪や明るすぎるブリーチは派手すぎると敬遠されがちなので、ほどよく明るくするといいでしょう。普段ヘアアレンジをしない方は、ちょっとだけ手を加えてみると男性の目には新鮮に映りますよ。

ファッションは靴から変えてみよう

最近はカジュアルブームでスニーカーやローヒールのパンプスが人気ですが、あまりカジュアルすぎるシューズは女子力を下げてしまいますよ。婚活イベントにおいてはある程度ファッションでも我慢することが大事。婚活パーティーではなるべく高めのハイヒールを履いていきましょう。脚がキレイに見えるので脚に自信のある人は強調することができますね。フォルムが美しいハイヒールは女性らしい繊細さをアピールするのにぴったりのアイテムです。ただしみっともない歩き方にならないように、購入した後はしばらくウォーキングの練習をしてみましょう。

ネイルはほどほどにするのが一番

「派手なネイルは男性から敬遠される」とよく言われていますが、それを真に受けすぎて何もやっていない女性が増えています。手はどんなときにでも目に付く部位であるため、きれいに整えておくことは大切なたしなみなのですよ。派手なネイルアートをする必要は全くありませんが、甘皮の処理やハンドトリートメントをして滑らかですべすべの指先を手に入れましょう。カラーは薄いピンクやベージュにして、どうしてもアートを施したい場合は小さなストーンをつけると魅力がアップします。

姿勢もルックスのひとつです

顔や身体に磨きをかけたとしても、姿勢ががたがたであると途端に見苦しくなります。背中を丸めていたり、だらしのないだらだらした歩き方はきっぱりとやめましょう。疲れているとつい姿勢が崩れてしまうものですが、そういうときにこそ鏡でチェックして背筋をピンと張りましょう。気が緩んだ瞬間こそ意外と見られているものなのですよ。また女性がよくしてしまいがちな脚を組む行為や内股歩き、がに股にも気をつけたいものですね。

メイクはメイクアップよりもスキンケアを重視

アイシャドウを塗りまくったり、マスカラを何度も重ね付けして精一杯メイクアップしたつもりでも、土台の肌が汚ないとかえって不潔感が出てしまいます。歳を重ねるとしわやシミなどに悩まされることが多くなりますが、最小限におさえる努力はしておきたいもの。そのためにはメイクアップスキルを高めるよりも基本的なスキンケアをしっかり行うことが大切です。今使用している化粧水や乳液は本当に自分に合ったものなのかを見直し、あまり効果を感じられないと判断したときには変えてみるのもいいでしょう。肌荒れを気にしている人はコスメカウンターで肌診断をうけると解決方法を教えてもらうことができますよ。年齢を感じさせないみずみずしく艶のあるお肌は見た目年齢を格段に下げてくれるでしょう。

美しい歯で笑顔の印象的な女性に

普段はなかなか気が付かないものの、意外と人に見られているのは歯。最近では大人でも歯列矯正をする人が増えてきていて、歯並びの重要性が叫ばれています。確かにがたがたの歯並びや黄ばんだ歯というのは見ていて気持ちがいいものではありませんね。そこでおすすめしたいのは歯科医院で受けられるホワイトニング。歯列矯正とは違い、短時間で美しい歯をつくることができますよ。口内もすっきりして気分転換にもなり、虫歯や歯周病を防ぐこともできるでしょう。白い歯でにっこりと微笑めば、より笑顔が魅力的にきまります。

ルックスはただスタイルや顔立ちがよければいいというものではなく、全身でつくりだすものです。最近はエステサロンやヘアサロンも充実しているので悩みがある人はいろいろな場所で相談することができるでしょう。ルックスに磨きをかければ自信をもって婚活にも取り組めそうですよね。

リケジョ(理系女子)の時代到来!敬遠していた人も積極的にトライしよう

これまで理系女子というと絶対数が少ないことに加えてなんとなくあか抜けない印象がありました。しかし最近はおしゃれに気を遣い、性格も明るい理系女子が増えてきています。そんな理系女子は婚活市場でも狙い目!今回はリケジョならではの魅力を紹介していきます。

将来性のある仕事に就いている人が多い

結婚しても共働きが当たり前となっているこのご時世、結婚後は奥さんにも働いてほしいと考えている男性も多いですよね。今までは妻の方が高年収であることが恥ずかしいと考える男性が多かったものですが、この不況の中でそんなことが言ってられなくなりました。理系女子は研究職や特定の分野の専門職に就いていることが多いため、仕事熱心で結婚後も仕事を続けたいと考えている人が目立ちます。さらにこういった仕事は不況のあおりを受けにくく継続性があるため、安定した働きを期待することができるでしょう。

趣味・価値観が合うことが多い

男性の趣味に理解を示さない女性は本当に多いもの。特に自動車や機械が持つ工学的魅力の素晴らしさがわからない女性は圧倒的多数です。「一緒に楽しめたらなあ…。」なんて思ったことがある人も多いのではないのでしょうか。その一方で理系女子はこうした話が大得意。他の女性には「意味わかんない」とこき下ろされてしまうあなたの趣味にも寛容な目で許してくれることでしょう。話が合えば、多少容姿が好みでなくても一緒に過ごしたくなるものです。趣味の話で会話がはずんだら、休日には共通の趣味を楽しむためのデートを企画するなんてことがごく自然にできますよ。

論理的で冷静な女性が多い

あまり大きな声では言えませんが、とにかく女性は感情に走りやすい生き物。けんかになったときの金切り声や大粒の涙にほとほとうんざりしたという人も少なくはありません。理系女子ももちろん女性なので感情的になることもありますが、文系女子に比べると大人しめ。言い争いが起こっても「なぜこうなるのか」と冷静に話し合いをすることができるでしょう。天真爛漫といえば聞こえがいいですが、喜怒哀楽の激しい女性に疲れてしまった人はリケジョに癒しを求めてみてはいかがでしょうか。

まとめ

理系女子が持つ本当のおもしろさや奥深さは知れば知るほどはまるでしょう。「堅物そう」「怖そう」というイメージをかなぐりすてて婚活パーティーでは積極的に話しかけてみてはいかがでしょうか。一度打ち解けた人にはいろいろな顔を見せてくれるリケジョは長年連れ添うパートナーとしてぴったりなのかもしれませんね。

婚活パーティ―成功のコツ

婚活パーティーで失敗していませんか?

本気の出会いと幸せな結婚を意識して結婚相談所に登録したら、婚活パーティーには積極的に出かけたいですね。

でも、どれだけ婚活パーティーに出かけても、なかなかカップル成立に結びつかず、悩んてしまう女性も多いようです。

そんな悩みを解決したいのであれば、自分の婚活パーティーに参加する姿勢を見直していきましょう。

今回は結婚を焦っている女子が、婚活パーティーで意中の彼を射止める方法について、ご紹介していきます。

婚活パーティーで男をドン引きさせる7つのNG行動

婚活パーティーでは、彼氏をゲットしようと眼付きギラギラの女性会員がウヨウヨしていて、あなたの意中の彼氏を狙っているかもしれません。

ここでちょっと差をつけたいと思ったら、まず自分の悪い所をあまり表に出さないように工夫することが大事です。

婚活パーティーで男性をドン引きさせる、女性のNGタイプは次のとおりです。

  1. 香水の匂いがきつすぎる
  2. 化粧が明らかに濃い
  3. 髪の毛がバサバサしていて、ツヤがない
  4. 自分から会話をしない
  5. 余計なことまで聞き出そうとする
  6. 自分のことばかりしゃべりすぎる
  7. 周りの空気を読まないで、カン違いがひどい

これを前面に出してしまうと、相手に与える第一印象が悪く、カップル成立どころかろくに会話も進行せずにただ時間だけが過ぎていってしまいます。

「あっ…」と思い当たることがる場合には、直すように心がけてみてくださいね。

婚活パーティーで彼氏をゲットするポイント

婚活パーティーで何回か失敗をしていると、「何がいけなかったんだろう…」と不安になってしまいますよね。

この時に、口コミの成功例やマニュアル本を頼ろうとする気持ちはわかるのですが、他人の真似ばかりをしていると、婚活パーティーでいわゆる「その他大勢の女」になってしまいがちなので、気を付けて!

こういった自信の無さは服装や言葉の端々に現れて、男性からの評価を下げてしまいます。

婚活パーティーで成功したいなら、自分自身に自信をもって臨むことが一番大事ですよ。

例えば服装も、マニュアル本に「女性らしさをアピールするワンピースで」と書かれているからといって、着慣れないような服をしかめっ面して着ているのでは、魅力は半減してしまいます。

第一印象を左右する服装に関しては、次の3点が守られていれば充分です。

  • 自分の身の丈にあったもの
  • 清潔なもの
  • 組み合わせが無難なもの

あまり外装にこだわず、その他大勢との違いを自信をもって見せる、勇気を持ちましょう。

一般的に女性は「話し3割、聞く7割」で、聞き上手な方が女性らしさをアピールできますが、婚活パーティーで相手とじっくり話す時間は、一人当たり10分程度しかありません。

ここで受け身の聞き上手に徹していては、相手には何の印象も残せません!

婚活パーティーで女性が無難に使えて、相手に負担を持たせずに情報を引き出せる質問は、次の3つです。

  • 休日は、どんなことをして過ごしているんですか?
  • お仕事はいつも忙しいんですか?
  • 〇〇がお好きなんですか?

この問いかけに相手が食いつてきてくれれば、カップル成立まであとわずか!

答えられる範囲で相手の質問に受け答えをして、自分の魅力を積極的にアピールしながらカップル成立を目指しましょう。

子供がいても大丈夫!とっておきの再婚相手の捕まえ方

「再婚でも幸せになりたい!」ならあきらめちゃダメ!

以前は女性が一度結婚をしたら、我慢をしてでも相手と添い遂げるなんて理不尽な風潮がありましたが、人生のパートナーの人柄は、実際に結婚をしてみないと見極められないことも多いですよね。
だからこそ、今や結婚した男女のうち4組に1組は離婚をするほどバツイチ女性が増えているのですが、もしかして、「再婚はムリ!」なんて考えていませんか?

どんなに自立した女性でも、夜一人になってホッと一息をついたとき、嵐が来て雷が窓の外で光ったとき、美味しい夕食が出来たときには、誰かに寄り添いたいとおもうことはごく自然な、当たり前のことです。
ましてやシングルマザーだったら、この先の子育ての不安を誰かと分かち合いたいと思うのは当然のこと!

前回のつらい失敗を生かして、ステキな再婚相手をガツガツと見つけに行きましょう。

自分にあった再婚相手の見つけ方は?

一度失敗しているからこそ男性を見る目が肥え、一時の浮ついた気持ちからではなく、将来を考えて真剣にパートナーが選べるのが、バツイチ女性の良い点なのです。
ですが、確かに再婚の場合は相手を見つけにくいという面はありますね。

もちろん自然な生活の中でパートナーが見つかるならいいのですが、それでは時間がかかりますし、必ずしもお互いの条件がぴったり一致するベストパートナーが見つかるとの確約はできません。
積極的に再婚相手を見つけたいのであれば、次の4つの方法で、再婚活を積極的に進めていきましょう。

  1.  結婚相談所に入会する
    結婚相談所には真剣に結婚を考える男性や再婚を望む男性が多いので、同じ価値観をもつパートナーを見つけやすい。
  2. 出会い系サイトに入会する
    出会い系サイトのなかには再婚専門のサイトもあり、仕事が忙しくて時間が無くても、時と場所を選ばずに再婚活をして、条件に一致するパートナーを探すことができる。
  3. 再婚活パーティーに参加する
    子供連れで参加できる再婚活パーティーもあり、子供との相性を見ながら楽しい雰囲気でパートナーとの出会いをセッティングできる。
  4. 友達に紹介をしてもらう
    より身近な範囲で、身元のしっかり保証された条件にあうパートナーの紹介を受けることができる。

子連れ再婚を成功させるポイント

離婚にしろ、死別にしろ、シングルマザーになるのは勇気がいりますね。

シングルマザーを選ぶ女性の大半は、「子連れのおばさんじゃ、もう相手なんて見つからない」と自分に自信をもてないのですが、そんなことありません!

一生懸命子育てをする、自立した女性は、男性にとってとても魅力的です。

そんなシングルマザーの魅力を少しでも損なわないように、次の点に注意をして、いつでも「バッチコイ!」の状態で良い出会いの準備をしておきましょう。

  1. 「女」としての見た目を大事にする
    仕事や育児にかまけていないで、女性としてのボディケアやオシャレに気を使って、自分を磨きましょう。
  2. 「母親」としての役割も大事にする
    再婚後の出産も意識して、自分が良い母親となれる実力を身につけましょう。
  3. 子供との良い関係を気付いておく
    パートナーと子供が良い関係を築けるよう、子供の心を健やかに育てましょう。

離婚は決して失敗ではありません。自分を心から大事にしてくれる、本物の王子様に出会うためのワンステップにすぎないんです。

苦労をしたからこそ自信をもって、幸せになることをあきらめず、再婚活を頑張りましょう。

婚活では「美魔女」のここだけを見習え!

「本気で結婚したい!」と考える女性が、「自分を少しでも魅力的に見せたい」と思うのは当然のこと。絶対にオバサン体型なんかにはなってはいられませんし、メイクや髪型、ファッションも手を抜くわけにはいきません。

そんななか、雑誌やTVでは「ホントに40代?20代にしか見えない!」「奇跡の40歳!」などと絶賛される女性が紹介され、しかも結婚して子供もいるとなると、嫉妬と羨望が入り混じった複雑な感情になることでしょう。

いわゆる「美魔女」といわれる彼女たち。美魔女はその容姿だけでなく、経済的にも裕福で、仕事で成功をおさめる一方、ヨガやジョギングだけでなく、最新の美容フードを取り入れたり、まだあまり知られていないアートや音楽への造詣を深めたり、「自分磨き」への貪欲さはハンパなものではありません。

女性として一種の完成形を見る思いですが、今、婚活をしている人や、これからと考えている人がここ(美魔女)を目指すのはちょっと危険です。

美魔女は女性の憧れですが、男性はそうとは思っていません。

特に結婚相手を探している男性が求めるものは、生活の安定をイメージさせる「癒し」や「あたたかさ」です。美魔女の何かにつけて「意識が高すぎること」は、安らぎにはつながりません。
さらに美魔女は「男性のほうにも自分磨きを求めてきそう」と思われてしまいます。

趣味やスポーツは「自分磨き」としてではなく、ふたりで一緒に楽しむほうが距離も縮まりますね。

それでも「美魔女」には美しい容姿、という最大の魅力があります。

もちろん好みもありますが、「容姿にはこだわらないよ」といいながらも、きれいな人にはデレデレと鼻の下を伸ばしてしまうのが男性です。「容姿はいいにこしたことはない」が本音かもしれませんが、一般的には、単なる造形が美しいことよりも、表情豊かなかわいらしさのほうが男性受けは良いようです。

しかし最近は、見るからに化粧でごまかした「美魔女」ではなく、巧みなテクニックによって美しさや若々しさ、かわいらしさを演出している「美魔女」も多く、この技巧の高さが男性に理解されることはありません。いわゆる「すっぴん美人」という存在です。

その「すっぴん風」のために、どれほどの巧みな下準備やテクニックを重ね、どれだけの費用がかかっているのかを男性が想像することはできません。
婚活で美魔女を見習うとしたら、この1点です。

男性にはあえてわからないように美しさを作り出し、くれぐれもお金をかけていることに気づかれないようにしましょう。

女性だから安全重視!女性がネットで良縁を求めるときの注意点

「出会い系には真面目な出会いがない」って思ってない?

身近でなかなか良縁に恵まれない、男性とどうやって接すればいいのかわからないといった時に、女性が選びやすいのは結婚相談所です。

ですが、結婚相談所には結構なお金がかかりますし、カウンセラーの面談、マッチングと時間も手間もかかってしまって…。

そんなときにぜひ考えて欲しいのが、出会い系サイトやSNSなどを利用したネットでの出会いです。

「ネットじゃ、真面目な出会いなんて得られっこないわ!」なんて頭から否定しないでくださいね。

いまネットで意気投合をしたことをきっかけに良い交際に発展させて、幸せなゴールインを迎える女性って、ホントに多いんです!

今回は女性が安全にネットでパートナーに出会うためのポイントをご紹介します。

自分にあう方法を選べばネットで出会いが増える!

女性は「ネットは怖い」、「ネットは危険」と思い込んでしまいがちですが、ネットでの出会いは普通のナンパや見合いと同じ、男女が出会うきっかけの一つです。

ネットでの出会いには、

  • 出会い系サイト
  • SNS
  • ライブチャット
  • オンライン上のサークル活動

次のようなものがありますが、自分の性格を考えて、自分にあった出会いの場を選びましょう。

自分から積極的にナンパができるタイプは出会い系サイトでも充分婚活ができますし、引っ込み思案で男性を誘うきっかけがつかめないタイプなら、サークル活動を通じて気のある男性を見つけるといいでしょう。

直接顔を合わせるわけではないので普段の自分よりも大胆に、今までは自分から良縁を求めることができなかった女性でも、積極的に気になる男性に声をかけることができるようになるはずです。

ネットでパートナーを選ぶためには安全性を重視!

とはいえ、ネットは匿名性も高く、性をカモにしている男性や犯罪も多いので、女性の場合はより慎重に、安全性を重視してネットを利用することが大事ですね。

出会い系サイトなどの男女の出会いを目的としたものはリスクも高いので、出会いの場には信頼と実績のある大手サイトや、会員の身分確認やセキュリティ対策がしっかりしている優良なサイトを選びましょう。

それ以上に大事なのが、相手となる男性の見極め方です。

優良なサイトさえ選べば、「後はステキな出会いを待つだけ!」なんて態度では、ステキなパートナーは得られませんし、あなたの安全は確保できません。

安易にネットでの出会いから実際の交際に発展させるのではなく、次の注意点を重視して、彼が本当に信頼できる、将来を共にする可能性のある男性なのかを、しっかり見極めていきましょう。

  • 知り合って即会いはしない
  • 直アドの交換はしておく
  • 写メの交換をしておく
  • メールでこまめにコミュニケーションをしておく

あなたが出会いを求めるように、ネットには真面目な良縁を求める男性はたくさんいます。

女性だからこそ、ネットでの出会いのチャンスは多いんです!

安全に自分を守りながら、ネットでステキなパートナーを見つけてくださいね。

女性筆者の体験談!出会い系で男性からメールをもらった時、返信するかどうかを決めるポイント

出会い系サイトは危ないというイメージを持っている人も多いかもしれませんが、出会い系サイトや出会い系アプリにはメリットもあります。例えば、普段、生活をしていると仕事上で関わりのある人との出会いが多くなるので、似たような人生や価値観、職業の人との出会いが中心となります。しかし、出会い系の場合は様々な人が登録しているので、普段だったら出会うことのないタイプの人と出会うことも出来るのです。こうした出会いは、恋人探しだけでなく、友達の輪を広げるのにも役立ちます。

筆者も出会い系サイトを利用したことがあります。そこで、今回は女性目線で、私が出会い系で誰かからメールをもらった時に返事をするかどうかチェックしているポイントについてお話します。

自己紹介文を読んでいないようなメッセージには要注意

出会い系に登録すると自己紹介として自由に文章を書けるスペースがあるので、そこに自分の趣味や登録している目的などを書けます。出会い系に登録していると、検索などから自分を見付けた色んな男性からメールが届きますが、「この人とやり取りをするかどうか」を判断する時には相手のプロフィールや画像だけでなく、メールの内容をよくチェックするようにしています。もしもメールの文章を読んでいて「明らかに私の自己紹介を読んでいないな」と感じる男性は、登録している目的が違う可能性もありますし、やり取りを始めてもがっかりすることも多いので、共通している趣味や自分に興味を持ってくれた点などを書いていないメールには返信しないようにしています。

すぐにLINEで連絡を取ろうとする人にはちょっと警戒

出会い系の中では、女性は無料であっても男性はメールを送ったりするのにも有料の場合があります。そうすると、出会い系の中でやり取りをすればするほど男性はお金がかかるということになります。ですから、メールアドレスやLINEでのやり取りに切り替えたがる男性が多いのも納得がいきます。

しかし、LINEにはブロック機能もありますが、LINEのIDも個人情報ですから知らない男性から送られてきた一通目のメールに「LINEでやり取りしませんか?」とIDが記載されている場合は、相手のこともよくわからないのに自分のIDを教えるのは不安なので返信しないようにしています。

相手の自己紹介文は必ずチェック

メールの文章の内容から「返信しても大丈夫そうかな?」と思っても、私は必ず相手の自己紹介の文章を見るようにしています。見る理由としては、相手の目的を知るためでもありますが、本当にやり取りをしても大丈夫な相手か見極めるためです。

自己紹介文に趣味や目的などをきちんと書かれていたら安心なのですが、たまに自己紹介文は何も記入していない方もいらっしゃいます。そうした方は、やり取りをするにも話題を見付けにくいですし、もしかしたら体目当てですぐに「会おう」と言ってくるタイプの人かもしれません。ですから、私は自己紹介文をしっかりと書かれている方に返信をするようにしています。

男性が、アラサー女性を好きになるときはこんなとき!

男性は年上の女性よりも年下の若い女性に魅力を感じることが多いと言われていますが、実際にはアラサー以上の女性の魅力に虜になることも多々あるのです。どんなアラサー女性の姿にぐっとくるのでしょうか。ポイントを紹介していきます。

一緒にいて自分を高めてくれる知識豊富な女性

当然のことですが長く生きていれば生きているほど、見聞もひろがり知識量も増えていくものです。仕事の話や趣味の話など、話題が豊富な女性と意気投合したのちに、その流れでつきあうという事例は少なくはありません。

上手におしゃれをすることを知っている女性

肌の張りや髪の毛のうるおいは20代女性と比べると、劣ってはいるものの年相応のおしゃれを上手に楽しんでいる女性は魅力的にみえますよね。おばさん化する人が多い30代のなかで外見をきれいに整えている人から目が離せないということがあります。

家庭的なところを感じさせてくれる女性

持っているハンカチがいつもきれいなものだったり、会社にお弁当を作ってもってきたりする家庭的な女性にときめく男性はやはり多いものです。特に奔放な20代とは違って、さりげなくきちんとしているところを出すアラサー女性に母性を感じることがある男性は少なくはないでしょう。

まとめ

アラサー女性にときめくときのポイントを紹介しました。若い女性との恋愛の駆け引きに疲れてしまった男性は一度周りの落ち着いた女性に目を向けてみてはいかがでしょうか。
恋愛観がぐっと変わるのかもしれませんね。

ネット婚活でロスタイムを作らない心得3つ

ネット婚活で大事なのは本人の「独身」確認

ネット婚活オンリーで結婚相手を探そうとするときに必ず確認したいのが、本人の情報です。

もちろん、ガツガツ情報を聞き出そうとするのは「結婚に焦っている感」を強く出してしまうので、質問の仕方や質問するペースに気配りなどのテクニックが必須。

婚活パーティー主催者は、独身であることを確認して登録するはずですが、わずかな確率で既婚者と出会う可能性も潜んでいます。

ネット婚活でも同じことが注意点に挙げられるので、独身なのか、仕事をしているのかなどの基本情報を確認する必要があります。

「遭ってみたら、どうも独身ではなさそうだ」となるのでは、今までかけた時間がロスタイムになるからです。

ネット婚活は通販よりも現物確認

ネットならではの問題ですが、プロフィール写真が本人のものではないと言う可能性もあります。

結婚したい願望があるのは大いに結構ですが、自信を持てずに別人の画像を掲載していることも……。

「顔と結婚するわけじゃない」と思っていても、騙されたと言う気持ちから、とても結婚相手には選べないと思う方が多いのではないでしょうか。

ネット通販で気に入ったものを見つけて、届いてみたら「イメージと全く違う!」というトラブルと同じような気分になるでしょう。

実際に会うまでに時間をかけてコミュニケーションを取ったのに、それがロスタイムになるのは避けたいところです。

玉の輿のつもりで逆玉からロックオン

婚活では様々な希望条件を持っているでしょう。一番ではなくても収入は大事な項目だと思いませんか。

ネット婚活ではプロフィール欄に年収を掲載するのは男性にはアピールポイントの1つになると考えられていますし、女性も「お金と結婚するのではない」と言っても、ないよりはあった方がいいと考えます。
また、女性のプロフィールには年収を書く欄がない婚活サイトが多いですが、一部のサイトでは記入が求められます。

ハイクラスの男性を求めているハイクラスの女性や、その逆もあるでしょう。

この年収に虚偽の記載をしてしまう男性もいて、そのお目当ては「年収の高い女性と結婚して専業主夫になる」というケースもないとは断言できません。

ハイクラスの男性に出会い玉の輿!と思ったのも束の間、実は年収格差に悩まされるという結果もあり得ます。

連絡を取り合った時間も別れるまでの時間もロスタイムになってしまいます。

まとめ

ご紹介したトラブルを避けるには、本人確認をしているネット婚活のサイトを選ぶことが重要です。本人確認書類や独身証明書、収入証明などを提出し、審査まで実施する婚活サイトなら、利用者がお相手の情報を確認するロスタイムは必要ありません。

身元の確認が取れているかどうかを表示しているネット婚活サイトがあれば、さらに安心度が高くなるでしょう。

サブコンテンツ

免責事項

公開されている画像・動画は、各関連企業や団体とは一切関係ありません。 使用している版権物の知的所有権は、それぞれの著作者・団体に帰属しております。 著作権所有者様からの警告及び修正、撤去のご連絡があった場合は、迅速に対処または削除いたします。 また、掲載内容に関しては、万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。 当サイトを利用したことによる間接、直接の損害、その他いかなる損害に関して一切当サイトは、責任を負いません。 当サイトをご利用される場合は、以上のことをご理解、ご承諾されたものとさせて頂きます。また、当サイトの掲載情報に法的問題が生じる場合や画像などの著作権所有者様からの削除依頼はご連絡下さい。 ただちに対処いたします。 info@uraa.net

このページの先頭へ